N.O.(Nord Ost)

学校ないし 家庭もないし 暇じゃないし カーテンもないし

高橋留美子傑作集「運命の鳥」 を読んで泣く

f:id:no_nord_ost:20170912013143j:image

 

漫画に打ちのめされる事が、何度もあった。

小学生時代、コロコロコミックに新創刊のIKKIの広告が出ていたことが23歳の今に至る全ての始まり。


「大人のマンガ」というようなフレーズが片隅に引っかかり続けて、中学生の頃に「ぼくらの」を発見し追いつく。以降没頭して漫画の虜になり、それから今まで、そしてこれからも永久に漫画を読み続けている。

 

漫画に打ちのめされた中でも、特に何度か決定的な瞬間があった。
それは、鬼頭莫宏を読んだとき、志村貴子を読んだとき、沙村広明を読んだとき、植芝理一を読んだとき、日本橋ヨヲコを読んだとき、以下収まらず、略。


人生における最大の衝撃と言えば完全に志村貴子で、こればかりは大好きなBOaTや片想い、ムーンライダーズなどの音楽よりも半歩前に出る。俺は最後には漫画。

 

さて、そんな決定的な「打ちのめされ」を、再び体感したのは、高橋留美子の短編集「運命の鳥」を読んだついさっきのこと。あまりの衝撃で放心した。良すぎ。
商業ベースの最前線で、アートスペースからパチンコ屋までを駆け抜け続ける、漫画の神様の威光を見た。


著書自体の話を簡単にすると2006年-2011年の近作を集めた掌編で、いずれもビッグコミックスピリッツ掲載のもの。過去のアーカイブが一つも無い、現役作家としてのパワーが遺憾なく発揮された一冊。
表題作以外のすべてが夫婦や家族を主題とし、ラブコメの御大の手で人間模様が生き生きと描かれている。昭和日本のステレオタイプな家庭の中のディスコミュニケーションと、その雪解けの物語。


この中に収められている「年甲斐もなく」(2010)を読んで、ボロボロと泣いてしまった。
話は以下の通り。

 


妻に先立たれた老人が、スポーツジムで出会った若い女を愛してしまう。息子からは「亡き母と父は冷めきっているというか」(P39)と夫婦の間に愛情は無かったように見られていた。
しかし、老人は亡き妻のことを心底愛していた。婚約者に逃げられた母に寄り添いたい一心での結婚。式も挙げず、指輪も無く。

そんな経緯から、老人は
「女房は本当に仕方なくおれと一緒になったんだね。」(P46)
「本当さ、おれは一度だって愛されたことがない。」(同)
と、長年さみしさの最中にいた。

それでも、実は亡き妻は老人を愛そうとしていた。死の前に、離婚届と指輪のカタログを出して選択を迫った。一悶着の末出てきた離婚届の下には、妻の字で書かれた貸衣装と写真館の予約申込書があった。妻はウエディングドレスとモーニングを予約し、改めて結婚写真を撮りたかったのだ。

 


こんなこじれた愛の話が、終始軽快なテンポと穏やかな雰囲気で描かれている。柔らかさや、時折ブレイクのように入るギャグには、この話が漫画である必然性がすべて詰まっている。

映画でも小説でもない、漫画にしか表現出来ないこの物語を読んで、そんな話じゃないのにボロボロ泣いた。

 

その後に続く表題作「運命の鳥」(2009)も、この物語を補強しているようなストーリーで、1枚のアルバムを通して聴いたような収録順の妙も感じられた。

漫画界の歴史的名盤だと思うし、棚の一番いい場所に大事に並べることを決めた。胸がいっぱいになった。ラブコメの大家からvaporwaveのアイコンまでを勤め上げる、日本トップ漫画家の底力を見た。

 

 f:id:no_nord_ost:20170912012207j:image


蛇足:とにかくキャラクターが可愛くてラムちゃんや響子さんを生み出した最高峰のイラストワークも楽しめるし、漫画としてのテンポや見せ方には萩尾望都の短編にも通ずる超絶的な技巧を感じられる、激良な一冊。

正直高橋留美子作品は長編ばかりでちゃんと読めてるものが無いんだけど、それでも間違いなく「高橋留美子ならこれしか無い!」と言い切れる。そんな短編集を2011年に作れるのは異常過ぎて、創作者としての次元が違い過ぎてクソヤバい。マジでおかしい。凄すぎる。漫画好きな人全員に読んでもらいたい。