N.O.(Nord Ost)

学校ないし 家庭もないし 暇じゃないし カーテンもないし

#カクバリズムの夏祭り 8/27 @ 恵比寿リキッドルーム

f:id:no_nord_ost:20170829004614j:image

観たバンド

 

片想い
キセル
スカート
古川麦と優河
グッドラックヘイワ
PARASOL
思い出野郎Aチーム


大きな声で、良かった!最高!というほど熱狂してきた訳では無いけど、満足度がすごく高いイベントだった。
15年ずっと人を楽しませているレーベルなだけあって、その点は本当に素晴らしいです。
最近アンダーグラウンド的なインディーシーンばかりを観てきて、スパイスや興奮を求め過ぎていたかもしれない。好きなもの・気になるものをじっくり観れるいい時間をたっぷりと過ごした。

 

 

・片想い

片想いが本当に好きでたまらない。音楽と人格の結びつきが良い。生き方の面で憧れる。ずっと観ていたい。
曲のストックが本当に多くて、毎回セットリストをメモるとき分からない曲が1つぐらい出てくる。全部音源で聴きたい。特に廃盤の東京フェアウェルなんか、素晴らしい曲だから、新録されたらいいなと思う。
新曲がまた出来ているようで、7インチも出るようで、インダ公園には七尾旅人も来るようで、あーーー早く行きたい。

 

キセル

初めて生で観る。飲み込まれた。実はそんなに知らないんだけど1曲目がベガ、最後がギンヤンマ。至上の曲目にぶち当たったようだ。
最前列でキセルの演奏を浴び、満足すぎて2バンドほど飛ばした。

 

・スカート

最早わざわざ何を書こう?というぐらい貫禄のあるステージングは、初めて観た日よりもはるかに完成された良質なものだった。つまり最高。です。
スカートも本当に曲のストックが膨大で、じっくり楽しむにはワンマンに行くしかないんだけど、それでも毎度タイム感のあるセットリストの組まれ方には絶対に飽きることが無い。
何度か聴いた例の新曲、さよなら!さよなら!がたまらなく良い。メジャーデビューおめでとうございます。痛快。

 

 

・PARASOL

古川麦グッドラックヘイワ共に良かったけどさておき韓国のPARASOL。
サブステージのKATAにはまばらな客層。ただしみんなPARASOLを心待ちにして、真剣に観ている。空間の質が高い。
韓国の○○とか言うの本当野暮ったいけど、Gi Gi Giraffeやミツメと対応しつつ日本の風土からは絶対に生まれないようなメロディや曲展開で、言葉に出来ない良さがあった。絶好。
最近すごく騒ぎが大きくなってきている(ような気がする)アジアの一端に触れられてラッキーだった。シティポップ論争とか4年ぐらい続いてるけど本当に下らなくて、そんな事いつまでもやってると全部持っていかれて骨も残らないようなショボい事態になってしまうと思った。
KONCOSのTA-1さんが言っていた、「自分の目で見て聴かないと絶対に分からない時代」を感じる。

 

 

・思い出野郎Aチーム

断トツ。これ以上無い。全て肯定された。マジで最高だった。ちょっと泣いた。感謝しかない。すごい。ケの日のパーティソング。

2013年がムーンライダーズ、2014年がスカート、2015年BOaT、2016年が片想い、と毎年一生心に残るバンドを見つけて来たけど、2017年のそれは思い出野郎Aチームかもしれない。
「夜のすべて」というアルバムと、表題曲が死ぬほど良くて、これだけは何としても別個で言葉に書き起こしたい。久々に強く思った。
ボーカルの高橋一さんの、サイトで公開されている「僕らは共に黄金の服を着た」という引用から始まる言葉が、この音楽を更に強固なものにしている。

 

余りにも満足しすぎて観終わった後そのままリキッド出て、男くさいことをしたくなり、缶ビール飲んで天下一品啜って電車飛び乗った。バカなので衝動しかない。

 

ダンスビートとあの子が 夜のすべて
ダンスビートとあの子が 夜のすべて
ダンスビートとあの子が 夜のすべて
ダンスビートとあの子が 夜のすべて

すげー自由 朝まで
すげー自由 朝まで
すげー自由 朝まで
すげー自由 朝まで

(思い出野郎Aチーム/夜のすべて)