N.O.(Nord Ost)

学校ないし 家庭もないし 暇じゃないし カーテンもないし

#OPTOUR2017 final @ 下北沢THREE

f:id:no_nord_ost:20170717112431j:image

18時スタート5時クローズのこの世の終わりみたいなライブに行った。心底楽しかった。
古民家カフェ→古着屋→マジックスパイス→THREE。激動過ぎた。

 

ORDINALY PUNCHESツアーそのものが異様な熱量を持ったままBLOCK PARTYと融合して手がつけられないぐらい濃い場が生まれていた。
特に良かったのは、4BROTHERS・SUMMERMAN・either・KONCOS。負傷して2つぐらい見逃したバンドがあるけど。

 

4BROTHERSは、去年の頭に観てLos Campesinos!直系の流れにあるバンドが日本にいるって事実にメチャメチャ興奮してずっと聴いてて久々に観たんだけど、日本語詞が加わったことで単なるエモリバイバル/洋インディ的な切り口で語られるには留まらない音楽になっていた。
言葉の意味・響きが音楽に占める割合はかなり大きなものだと個人的には思っていて、だから日本語を大事に扱うバンドが好きなんだけど、4BROTHERSは既存の曲も新曲も含めて素晴らしかった。たくさん観たい。

 

SUMMERMANは、もはや語るべくもなく最高にかっこよかった。北海道でのThe Hatchとの合流が演奏にカロリーを与えているような印象を受けた。
SUMMERMANはライブの流れ、持っていき方を確立しきってる所がカッコいいのかなと思う。自分たちの表現の土台が固まってて、ズッシリとしたライブをしてる感じがする。
とにかく青春でピーク振り切ったテンションのままkoromogaeに移るあの感じが最高に高カロリーで興奮する。

 

eitherは、初めて観たんだけど激烈に良かった。VoとKeyでこういう音楽をやっていくのは自分の憧れみたいなもので、単純にこういうバンドやりたいな。という気持ちになった。去年知っておけば自分の卒定とかでコピバン出来たなー。マジ良かった。また必ず観に行く。

 

KONCOSは、去年どういうバンドかほぼ知らず観てそのまま2016年ベストアクト、ひいては人生で観たあらゆるライブで一番良かったんじゃないか?ってぐらいに圧倒されて大好きになった。
音楽はもちろんスタンスが本当に痺れる。今回のツアーからして常人のバイタリティでは実行出来ない。自分の目で観て耳で聴いたものをHOOKUPしていく感じ、ヒーローだと思う。
parallel worldのワクワク感、月待つ島までの多幸感、今日からスタートの胸がつまる感じ、どれもKONCOSだけが持っているものだと、映画のシーンにしか見えない、炸裂したフロアを前にして思った。

 

 

スゲースゲーと口を開けて楽しんでいるばかりで知能が低くなってしまい大した感想が全然出てこない。とにかくスゲーライブだった。KONCOSがいま日本で一番カッコいいし、下北沢THREEがいま日本で一番面白い。店主がバーに立ち、外で溜まる客を散らし、ステージに立つライブハウスが良くないワケない。
エネルギーがありすぎてSUMMERMANの時に酔客のダイブでデコに漫画みたいなタンコブを作ってしまったけど、それも思い出になりそうだ。くそ痛い。

f:id:no_nord_ost:20170717112634j:image